【アナザースカイ】坂上忍、韓国、2023年2月24日放送

4回目のアナザースカイ

今回が一番一生懸命にやっている感じ。

クズ修行

たらふく飲んで、まだ飲むのが坂上流の修行スタイル。

これをクズ修行と呼んでいる。

前回のクズ修行は4年前。

弱音を吐かない、

「俺は俺」

明洞

SAVOYホテルが、坂上さんにとって一番落ち着くホテル。

サムギョプサルの店
ジュモクコギ

4年ぶりにクズ修行が始まる。

前回は生放送が終わった金曜の夜に韓国へ。

そのままの勢いで飲んだ。

今回は生放送がない分、同じ金曜でも落ち着いた感じ。

変化した韓国

韓国の街中は、ひとけがなくなっている。

何十回も訪韓している坂上さんにとっては、初めての経験。

あのソウルで一番人が集まる明洞では、4割近くの店がなくなったとのこと。

ちゃんとしないままの坂上さん。

ソウルに来たのは剥き出しになるため。

「50歳も過ぎたら、誰が相手であれクソくらえなんで、どうでもいい」

ヤリイカ料理の店
「元祖ハンチ」

明洞
「黄金牧場」

世の中に地獄があるのよ、地獄を知りましょう。

クズ修行は地獄を見るまで。

明洞
「チャングムチヂミ」

ちゃんとしないだけじゃない

坂上さんは14歳から個人事務所でやってきた。

最初のマネージャーさんが男性で14年。

今の女性マネージャーさんが27年。

「彼女の人生を壊しちゃった」

「20年勤続を超えてからは、その子の退職金をプールすることだけを考えた」

「この子をちゃんとしないと、自分が本当のクズになるからという意識があった」

動物保護

「自分に尽くしてくれる人に報いたい」

8年続いた生番組を卒業し、今は半分テレビ、半分動物保護。

15日はテレビ、15日は保護活動と決めた。

千葉県袖ヶ浦市に動物保護ハウスを「さかがみ家」を坂上さんを自費で建てた。

https://sakagamike.com/

運営費も自前でボランティアに頼らない。

坂上さんは、50歳の時にこの活動をやることを決めていた。

自分で汗流して稼いで、そのお金をきれいに使うのが理想。

もう仕事をしなくていい。

その稼いだ金が無くなるくらいのこと(動物保護)をやっている。

自分の年収を削ってでもやっている。

さかがみ家では野犬も受けて入れている。

ただ、野犬の場合は人になつかない。

それでも、接している内に人間と同じように目が穏やかになってくる。

撮影最終日は屋台で

最終日の朝では、やはりあの大好きな屋台へ。

屋台の後は、朝11時から飲んで、

前回のチャミソル103本から、今回は126本(40時間で)を飲んだ。

韓国は令和になっても、地獄の片鱗を見せてくれる場所とのこと。